LCCでは効率的に運行できる機体が用いられています

格安航空券を実現するために、多くのLCCでは、より運航効率が高い航空機が利用されています。

ほとんどのLCCで運用効率が高い「ボーイング737」と「エアバス320」が導入されています

ほとんどのLCCでは、運用効率が高い機体の「ボーイング737」と「エアバス320」が利用されています。
まず、1便あたり座席数が170席前後となっており、数あるジェット旅客機のなかでも小型なので、比較的座席を満席にしやすくなっています。
さらに、両機体ともにとても軽いので、少ない燃料で効率的に運行することが可能です。

「ボーイング737」は世界中で愛用されているボーイング社が提供するベストセラー機です

「ボーイング737」とは、民間機と軍用機業界において、世界最大クラスのメーカーであるボーイング社が提供している機体であり、世界中で愛用されているベストセラー機です。
年々改良が進められており、最近は新型の主翼を採用することで、燃料の積載能力や空力特性を大幅に改善しています。
翼の先端に取り付けられている大きなウイングレッドがトレードマークです。
このウイングレッドを装着することで、航続距離を大幅に飛躍しながら、燃料効率を大幅に向上しています。


「エアバス320」はフライ・バイ・ワイヤによってもっとも効率的な運航を実現している航空機です

「エアバス320」とは、ヨーロッパの航空宇宙防衛企業の傘下に属するエアバス社が提供している航空機です。
電線を利用することで、航空機の飛行を制御するフライ・バイ・ワイヤという技術を最新、完璧な状態で導入しているので、通常では考えられない効率的な運航を実現しています。
また、環境にも配慮しているため、燃料消費や排気、騒音のレベルは、数ある同規模の機体のなかでも最低レベルとなっています。
LCCは、お客様に格安航空券を提供するにあたって、より効率的で快適な航空機を模索して導入しています。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP