デメリットもたくさんあるので注意しましょう

LCCは、格安航空券を提供している分だけ、さまざまな点で普通の航空会社以上にデメリットが存在することを理解しましょう。

あらゆる機内サービスが有料となっています

LCCでは、機内食などのあらゆる機内サービスが有料であることがほとんどです。
これは、格安航空券を提供している分だけ、そのほかのサービスでその部分を賄うための処置です
具体的には、飲み物や機内食にはじまり、毛布の貸し出し、映画やミュージックなどのエンターテインメントなどが有料となっています。

荷物を預けるだけでも追加料金を支払う必要があります

ほとんどのLCCでは預け荷物が基本料金に含まれていないため、スーツケースなどのあらゆる手荷物を預ける場合には、別途で追加料金を求められます。
また、重さの制限が普通の航空会社以上に厳しいため、基準から1キロでもオーバーした場合、再度詰め直しを求められる場合や、追加料金を支払う必要が発生します。


LCCの座席スペースはとても窮屈なことが多いです

ほとんどのLCCにおいて、座席のスペースがとても窮屈なケースが多いです。
これは、一回の飛行でより多くのお客様を運び、経費を節約するための方法となります。
同時に、LCCでは座席を指定する場合、そもそも全席自由席のため事前指定が不可能であったり、別途追加料金が必要になります。

ほとんどのLCCでは利用してもマイルが溜まらないようになっています

ほとんどのLCCは、自社のマイレージ・プログラムを運営していないため、どれだけ乗ってもマイルが蓄積されません。
逆に言うと、マイレージを運営しているLCCは、その分だけ値段以上にお得です。

予備の機材が不足しているために遅延や欠航がとても発生しやすいです

普通の運航会社以上に、遅延や欠航が発生しやすいことも大きなデメリットと言えます。
運行を効率的におこなう一環として、できるだけ持っている機材を運営するようにスケジュールを組んでいるからです。
LCCは、格安な分だけさまざまな不具合が存在することを理解した上で利用しましょう。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP